消費税変更に伴うお知らせ [詳細はこちら]

10,000円(税別)以上のご注文で 送料無料

プロが愛用する品質を適正価格で。業務用ビニールカーテン、間仕切りシートの専門業者

ビニテン.com 無料見積・最短納期・最速工事
お電話は全て専門スタッフが対応します。お見積り無料です。

メールで注文:info@vinyl-tent.com / FAX番号:042-438-3708

省エネ・雨除け・区画整理・飛散防止・防虫・目隠し・遮音・防犯など各種対策にご使用いただけます

業務用ロールスクリーンとは

ビニテンの業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)は工場、倉庫、店舗などでお使いいただける業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)です。
※消防法により企業や店舗などでロールスクリーンを使用する場合は防炎仕様・もしくは地区や使用場所により不燃材での仕様が必須となります。

ビニールシートのタイプは4タイプ(透明ロールスクリーン/糸入りロールスクリーン/ターポリンロールスクリーン/不燃ターポリンロールスクリーン)全34種類の業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)をラインナップ、国内最大級の品ぞろえでお客様のご要望に合ったビ業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)をご提供しております。
ビニテンが設計するロールスクリーンは、工場や倉庫などでも使用できる業務用タイプ、最大間口2600㎜、最大高さ4000㎜まで製作可能。間口×高さで6㎡までのサイズに対応できます。機材は任意の高さでストップができ、バネをロックすることでストップするオートストップタイプ、チェーンでギアを回転させて上下操作するチェーンタイプがあります。また、常時バネのテンションがかかっており決まった位置の止金具に引掛けて固定するノンストップタイプを加えた3種類の中から選ぶことができます。
ビニテンの業務用ロールスクリーンは新幹線にも採用されているメカを採用して作られています。国内最高品質!!
ビニテンのビニールシートは全て国内製造メーカー品で品質NO1を目指しフルオーダーメイドでビニールシートを製品加工し業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)に製品化しております。

ビニテンポイント!
業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)のフルオーダー製作も承っております。
例:電動式ロールスクリーンにしたい!間口が大きいロールスクリーン!特殊な生地で製品を保護するロールスクリーン!傾斜を付けたロールスクリーン!屋外で使用できるロールスクリーン!槽蓋にロールスクリーン!機械カバーロールスクリーン!などなど
※製品設計上、お受けできない場合もございますこと御了承ください。

ビニテンなら必ずお客様のご要望にぴったりの業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)が手に入ります。
業務用ロールスクリーン(ロールカーテン)でお困りになったら、迷わずお電話ください。ビニテンではプロのオペレーターがご相談、アドバイスいたします。

ビニールロールスクリーン5つの特徴

  1. シートはパイプに巻き取りされるのでコンパクトな収納。
  2. スプリング入りパイプで巻き取りラクラク。
  3. 業務用の機材を使用しているので大型サイズも製造可能。
  4. スクリーンのバリエーションが豊富、不燃認定シートもご用意。
  5. 電動や屋外使用可能なタイプもあります。

ビニテンが設置するビニールロールスクリーン(ロールカーテン)のこだわり

用途:窓

ビニールロールスクリーンの工場設置例

ビニールロールスクリーンの使用場所として多いのは何と言っても窓、日よけや目隠しの用途で使われております。
この用途としてはどんなビニールロールスクリーンでも対応可能ですがビニテンのビニールロールスクリーンならではの特徴としては一般のスクリーンにない不燃グレードのビニールロールスクリーンがあるということが挙げられます。

普通のビニールロールスクリーンでは防炎のスクリーンが一般的です。
防炎は火に接した場合に着火しにくく着火しても燃え広がらないという性能ですが、不燃は火の粉がスクリーンに乗っても一定時間燃え抜けしないという性能があります。

もちろん防炎の性能も併せ持っており、不燃は防炎より一段高い防火性能となります。
火災負荷の高い工場や施設などでは消防より不燃の使用要求のある場合があります。

ビニテンではそんな要求にこたえられるよう不燃ターポリンロールスクリーンをご用意しております。

用途:室内間仕切り

ビニールロールスクリーンの工場設置例

ビニール製のロールスクリーンは部屋と部屋との間仕切りや一つの空間を区画することでも使用されます。
ホコリからの保護や加工工程の飛散防止、秘密情報の目隠しなど簡単に引き出せてロール状にコンパクトにまとまるビニールロールスクリーンは多くの現場で重宝されています。

工場や倉庫ではその面積も大きく、使用するビニールロールスクリーンも大型のものが必要となります。ビニテンのロールスクリーンはその用途に対応できるよう大型の機材を選定しております。

手動のタイプでは最大間口2.6m、最大高さはチェーン駆動で4mまで製作可能です。また、リモコンスイッチで操作できる電動タイプもご用意しております。

スイッチ一つで開閉できる手軽さや操作するのに近寄れない高所や危険区域への設置にオススメです。電動タイプではサイズも最大間口は5m、最大高さは4mまで製作可能です。

用途:棚・ラック

ビニールロールスクリーンの工場設置例

工場や倉庫で使われるビニール製のロールスクリーンの使用方法には部品や製品、工具などを保管する棚に取付ける使用方法があります。

保管している物品をホコリや汚れから守ったり盗難防止として機能します。

ビニテンのビニールロールスクリーンには閉じたままでも中を見ることができる透明タイプがあります。
何がどれだけ入っているか開けることなく確認できる透明タイプはラックに使用するビニールロールスクリーンとしては最適です。

通常、一般的な透明シートをビニールロールスクリーンに使用するとスクリーン同士が密着し引き出す際に抵抗となったり、巻き取り時にはシワが抜けずきれいに巻き上がらないということがありますが、ビニテンでは特別な処理を施したシートを使用しているのでとてもスムーズ、開閉にストレスを感じることはありません。

用途:搬送台車

自動車工場や家電工場のアセンブリ工程ではカンバン方式により部品の供給がジャストインタイムで行なわれています。
前工程からの供給、次工程への送り出しには工場間をまたぐこともありラックや搬送台車によって運搬が行われることがあります。
そのような移動の際、部品をホコリや雨から保護できるよう台車にビニールロールスクリーンを取り付けてカバーとする使い方があります。

ビニールロールスクリーンは開閉が簡単に行なえ収納もコンパクトになるので忙しい工場ワークには最適です。
ビニテンのビニールロールスクリーンには中を確認できる透明性と強度を併せ持った透明糸入りのスクリーンを装着したビニールロールスクリーンがあります。
ビニテンでは豊富なスクリーンの中から使用環境に最適なスクリーンを選択できます。

用途:機械

ビニールロールスクリーンの工場設置例

生産機械や作業機械の安全対策としてビニールロールスクリーンが活躍しております。

工場の中にはプレスや回転、昇降等の動きをするいろいろな機械があります。
注意をして扱わないと危険を伴うものも多くあります。
もしそのような機械の作動中に触れてしまったらと考えるとぞっとします。

ビニールロールスクリーンで手や足が入らないよう物理的に蓋をする。
そうすることで簡単に安全対策ができるのです。

ビニールロールスクリーンはスプリングでスクリーンが巻き取られるので簡単に開閉ができ、スクリーンはパイプに巻き取られるのでスクリーン自体が機械に巻き込まれることもありません。このような使い方にはノンストップタイプがオススメです。

ノンストップタイプはスクリーンを引き出した後、止金具に引っかけて固定します。スクリーンはボトム部分で固定され、テンションも常時効いているので生地の揺れもなく安全です。

用途:槽蓋

ビニールロールスクリーンは垂直にしか使えない?

基本的にはそうですが条件によっては水平に引くこともできるのです。

機材は常時スクリーンにテンションが掛かっているノンストップタイプを使用。
サイズは間口、引き出し方向共に1m以内が限度となります。
それ以上の大きさになるとスクリーンの重量にスプリングの力が負けてしまい、スクリーンがストップできずに引き出されてきてしまいます。

但し、通常の使用方法ではないためメーカー保証は効かなくなるので注意が必要です。

あくまでもお客様の責任でご使用ください。水平で使うことにより用途が広がります。

たとえば水槽や溶剤などが入った槽。
ホコリや異物の混入、落下・接触防止の蓋としても使用ができます。板状の蓋に比べスクリーンが巻き取られるビニールロールスクリーンはよりスムーズに槽の開閉操作を行うことができます。

用途:ハッチ

ビニールロールスクリーンの工場設置例

ビニールロールスクリーンの水平引き使用についてサイズの大きなものをご希望される場合があります。
その使い方はビニールロールスクリーンをハッチや槽に装着し蓋として機能させたいというものです。

たとえば金型や製品をクレーンで吊り下げて出し入れさせたい。
開口した時の蓋を納めるスペースがないので蓋を巻き取りできる形状にしたい等。

ビニテンではビニールロールスクリーンを電動化することでそのようなご要望にお応えいたします。モーターやワイヤーを駆使しテンションを掛けつつ開閉動作をするよう制御するシステムを構築します。
既製品がなく一からの設計となるこのようなビニールロールスクリーンもビニテンにお任せください。

用途:テラス

ビニールロールスクリーンの工場設置例

コンパクトに収納でき、簡単に開け閉めできるビニールロールスクリーンを屋外でも使用したいというご要望があります。

一般のビニールロールスクリーンは屋内使用を想定して設計されているので雨や風等を受けるとメカやスクリーンに負担がかかり故障の原因となってしまいます。

ビニテンでは外ケースやガイドレールを装備した屋外でも使用できるビニールロールスクリーンをご用意しております。

日よけ用途ではメッシュスクリーンを使用した「まどかぜシェード」、雨よけ、冷暖房の効率アップの用途に適した「Ziptrakビニールロールスクリーンシステム」。

ビニールロールスクリーンの可能性を広めた2つの商品で快適空間をつくりましょう。

ビニテンでビニールロールスクリーン(ロールカーテン)を買うメリット

ビニテンのビニールロールスクリーンは工場や倉庫等での使用を前提に開発しております。
工場や倉庫では店舗やオフィス、住宅用に比べ大きなサイズのビニールロールスクリーンが必要とされます。

また、使用頻度が多いのも特徴です。
そのような使用条件に対応できるよう機材は大型のサイズや重量がかさむ樹脂コーティングシートでもスムーズに巻き取りできるφ40の太さのローラーパイプを使用、パイプに内蔵される大型スプリングモーターとのセッティングでパワーと耐久性のあるビニールロールスクリーンに仕上げております。

工場、倉庫ではオイルやクーラント、切粉等の飛散防止やホコリよけとしてビニールロールスクリーンが使用されることがあります。

ビニテンのビニールロールスクリーンはインテリア、内装用途で使用される織り生地のスクリーンと違い樹脂フィルムや樹脂コーティングされたスクリーンを装着しております。

スクリーンの表面は樹脂であるため汚れが含浸しにくく、ふき取り等の掃除も容易に行えます。スクリーンの種類も 透明フィルム透明糸入りフィルムターポリン不燃ターポリンと他では手に入りにくいアイテムを数多くご用意しております。

ビニテンのビニールロールスクリーンはすべて国内工場で生産を行っております。

また、お客様に注文をいただいてからの製作しますのでサイズも自由自在、使う場所にぴったりな大きさのビニールロールスクリーンを工場直送でお送りいたします。

ビニールロールスクリーン(ロールカーテン)のタイプ

ノンストップタイプ

【製作可能寸法】
W(幅): 600㎜~2600㎜ H(高さ): 2600㎜
※W(幅)×H(高さ)=6㎡以内
W(幅)とH(高さ)の寸法比が1:4以内

引き出したスクリーンを止金具に引掛けて固定するタイプのビニールロールスクリーンです。
スクリーンのストップは止金具の位置となるので中間の位置でストップしたい場合は止金具を追加してご使用ください。
スクリーンには常時バネのテンションが掛かっているので特殊な使い方としては斜めや水平に引き出して使用することもできます。

但し間口1m、引き出し幅1m以上になるとスクリーンの自重でたるみが生じる、バネの力を超えてスクリーンが出てきてしまうので注意が必要です。
また上下する昇降機や機械に組み込んで挟まれ防止の安全柵代わりに使用されることもあります。※垂直以外の特殊な使用の場合、機材保証はできません。

ノンストップタイプ

オートストップタイプ

【製作可能寸法】
W(幅): 600㎜~2600㎜ H(高さ): 2600㎜
※W(幅)×H(高さ)=6㎡以内
W(幅)とH(高さ)の寸法比が1:4以内

任意の位置でスクリーンをストップすることができるタイプです。ストップ機構が巻き取りパイプの2か所に組み込まれているのでストップするポイントは厳密には巻き取りパイプ半周に付き1ヶ所となります。また、ストップ機構の関係上ビニールロールスクリーンの取り着け方向を天井付けか壁付けかをあらかじめご指定ください。

指定の方向以外の取付けをした場合ストップができません。

スクリーンの巻下げ位置を変えることができるので使用状況に応じた調整ができます。ロックの解除はバトムバーを少し引き下げるだけ、スプリングの力で巻き上がります。

オートストップタイプ

チェーンタイプ

【製作可能寸法】
W(幅): 600㎜~2600㎜ H(高さ): 4000㎜
※W(幅)×H(高さ)=6㎡以内

スクリーンの上げ下げをチェーンでギアを駆動させることにより行うタイプのビニールロールスクリーンです。

ストップ位置もチェーン操作で細かく調整できます。製作高さは最大4mまで可能。
操作チェーンを長くすることでビニールロールスクリーン機材のボトムに手が届かないような高窓等で使用することもできます。

チェーンタイプ

ビニールロールスクリーン(ロールカーテン)採寸方法

ビニールロールスクリーン採寸方法

※商品の寸法はW(幅)もH(高さ)も共に10㎜単位でご注文ください。
※商品の寸法は機材の外形寸法となります。
機材タイプによりスクリーンの幅は製品幅より短くなりますのでご注意ください。

ビニールロールスクリーン(ロールカーテン)の生地

透明ビニールロールスクリーン

ターポリンビニールロールスクリーン

不燃ターポリンビニールロールスクリーン

施工実績約1500件!お見積りから施工まで現場のプロが徹底応対!

  • 施工事例透明糸入りロールスクリーン
  • 施工事例ターポリンロールスクリーン(目隠しタイプ)
  • 施工事例不燃材ロールスクリーン

業務用ロールスクリーンに関するおすすめ記事

PAGE
TOP

消費税変更に伴うお知らせ

消費税法の改正によって2019年10月1日より、消費税率が8%から10%へ引き上げられます。
つきましては、商品及びサービス料金にかかる消費税の当店の取扱いについてご案内申し上げます。

2019年9月30日まで出荷の商品・サービスに関しては、税抜き価格+消費税8%

2019年10月1日以降出荷の商品・サービスに関しては、税抜き価格+消費税10%

課税基準日が出荷日となりますので10月1日以降の出荷となる商品・サービスについては
9月30日までのご契約の場合であっても消費税率が10%となりますのでご注意ください。

ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【ビニテン.com】ゴールデンウィーク休業のご案内

【ビニテン.com】ゴールデンウィーク休業のご案内

ゴールデンウィーク休業日 4月27日(土)~5月6日(月)

■出荷日について
  休業前 4月26日(金)が最終出荷日となります。   休業後 5月7日(火)より通常出荷となります。 ■以下の内容にご注意ください   ※ビニールカーテンの休業前出荷 最終受付は4月22日(月)午前中までに仕様確定及び入金確認ができたご注文とさせていただきます。   ※ジャバラカーテン、ジャバラカーテン透明、のれんカーテンの休業前出荷 最終受付は    4月18日(木)午前中までに仕様確定及び入金確認ができたご注文とさせていただきます。   ※アコーデオンドア、ネット、ロールスクリーンの休業前出荷 最終受付は    4月15日(月)午前中までに仕様確定及び入金確認ができたご注文とさせていただきます。   ※カーテンレール、間仕切ポール、原反販売の休業前出荷 最終受付は4月24日(水)までに入金確認ができたご注文とさせていただきます。   ※仕様内容、数量によっては御希望に添えない場合がありますので、あらかじめご相談ください。   ※休業期間中(4/27~5/6)の必着明記は対応しかねます。   ※運送会社の混み具合によっては、配達日が遅れる可能性がございます。   ※休業期間中のお問い合わせについて、メール・FAXにて受付させていただきます。    5月7日(火)よりご回答させていただきます。問合せ状況により通常よりお時間をいただく場合がございますが、    なるべく迅速に対応させていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。